弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出しました!

  • 『自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本 [単行本]』 ご購入はこちらから↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

所有者行方不明の場合の売却は・・・?

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。
今日は夏至ですね。一年で一番昼の長さが長い日。といって、小学生の息子に説明したら、

「でも、長さは変わらないんでしょ?」と^^;昼が長くなって、24時間以上1日が長くなるかと思っていたようです。これから、少しずつ昼の長さが短くなるって、やっぱり少し残念。。。

さて。本日は、住宅ローン支払いの契約者が行方不明の時にはどうするか。。。ですが、そのまま払い続ければ、ずっと住んでいられます。
支払えないのであれば、売却するということも検討することがあると思うのですが、名義人で売主に当たる契約者がいなければ売却できません。
その際は、失踪者の専門調査会社などでさがしてもらうか、どうしても見つからなければ競売になっています。
ただし、裁判所に不在者財産管理人の申し立てを起こし、財産管理人を選出して処分することも可能です。
弊社でも、所有者が行方不明の場合の任意売却を承っています。どうぞお気軽にご相談くださいませ。

任意売却の実務ノウハウの提供

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。
今日は、1年生の息子が小学校で初めてのプールsun
最近暑かったし丁度いいです♪まだまだ1年生なんて水遊びだけだし。
スイミングスクールで溺れたことがあるcoldsweats01息子はちょっと水が苦手なんですが、水遊びの楽しさがわかるといいーなー^^
さて。本日は、任意売却を始めたい不動産会社の方へのお知らせです。
弊社の実務ノウハウを有料で伝授いたしています。
弊社は任意売却の専門業者として、これまで、さまざまな問題を抱えたお客様の任意売却案件を数多く処理してまいりました。
しかし、最近では日増しにお客様からの相談件数が増え、住宅ローン破綻も大きな社会問題化しつつある状況です。
そこで、より多くの住宅ローン問題を抱えた消費者の方々を救うため、弊社が培ってきた任意売却の実務ノウハウを提供する運びとなりました。
任意売却に必要なすべてを伝授いたします。
私たちと一緒に、住宅ローンの返済に行き詰まった消費者の再生、生活再建をお手伝いしていきましょう。
<提供内容および講習内容>
□ 任意売却専門ホームページの提供
(ドメイン新規取得、物件検索機能付き)
□ 3時間程度の集中講習
(基本はマンツーマンです)
□ スタートキットの提供
(すぐに実務対応可能な任意売却書式集)
□ 電話による24時間サポート
(講習後は無料で電話サポートいたします)
□ 弊社のお客様に同行講習
(実際のお客様との面談に立ち会っていただきます)
その他、詳細についてはお電話またはメールにてお問い合わせ下さい。
いつでも、ご連絡お待ちしております^^

どうしても家を手放したくない場合・・・

こんにちは。ライビックス住販スタッフKです。

梅雨時期に入り、久々の雨の横浜地方です。
潤ってちょっと嬉しかったりします。(小雨だからですかね。。。)

さて。よくあるご相談なのですが。。。

「どうしても家を手放したくない!」このような場合は、どのような対策が考えれられるかですが・・・ケースバイケースですが、いくつか方法はあります。

1.身内や友人に買い取ってもらい、そのまま住み続ける

2.不動産業者にいったん買い取ってもらい、家賃を払って住み続けながら、将来また自分で買戻す

3.個人再生の「住宅ローン特則」という制度を利用する

実際にどのような方法が可能かは、ご相談の状況によっても変わりまので、ぜひお早めにご相談下さいませ。

お待ちしております。

将来の住居

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

梅雨の中休み。本日も、横浜地方は晴天なり~です^^
本日、近所の友達が我が家で集まって、サッカーのオーストラリア戦をテレビ観戦予定。
サッカーは口実で、単なるママ友同士の飲み会だったりするのですがbleah

さて。先日の日経新聞にて。「老後の住まい 月いくら」なんて記事がありましたね。住宅ローン完済したとしても、介護状態になったり、築年数が古い住宅は、バリアフリー等の設計になってなくて、使いづらかったりで、結局は、高齢者向けの住宅で、介護付き老人ホームを選んで転居される方も少なくないですよね。。。
私も、将来の老後は、一人になっても子供との同居を考えず、安心な、介護付きの高齢者向けの住宅に住もうかなって真剣に考えてます。
老後・・・70歳or75歳くらいですかねぇ・・・。
と考えたら、結局、マイホームって必要?って思っちゃいますよね。
家賃や共益費、食費や安否確認サービスなどの料金を含めて17万という例も紹介されていました。
マイホーム買って、住宅ローン払い終わって、でも、その住宅に、一生住むわけではなくて。でも、その家は、住宅ローン完済していたら、売却したら、入居一時金くらいは出るかなぁ。
なんてちょっと将来設計を考えてしましました。
皆様は将来の住居についてどのようにお考えですか??
将来の生活も含めて、いろいろな相談もいつでも承っています。お気軽に・・・。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

youtube動画

  • youtube動画
    ◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


    ◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材


リンク集

最近のトラックバック