弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出しました!

  • 『自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本 [単行本]』 ご購入はこちらから↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 「期限の利益」と、「期限の利益の喪失」について | トップページ | 改正高年齢者雇用安定法を考える・・・ »

任意売却は賃貸入居審査に影響するの??

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

今日はとても暖か~で花粉も多く飛散しているようで・・・朝、5時頃から目が覚めてしまいました~coldsweats01スギ花粉はそろそろ終わりで、これからはヒノキ・・・。スギ花粉だけのアレルギーの母は、少し喜んでいました。羨ましいです・・・。

さて。今回は、「任意売却と、賃貸の入居審査」についてです。

任意売却をするということではなく、住宅ローンの返済を滞納すると、個人情報に事故情報として記録されますが、賃貸の入居入居審査の際、個人情報を調査することは、まずありません。

賃貸の審査は、「収入のこと」と「保証人のこと」が重視されます。収入は、高いに越したことはありませんが^^;、低くても安定していれば大丈夫な場合が多いですし、また、収入が不安でも、しっかりした連帯保証人がいれば、概ね問題ありません。(連帯保証人不要の場合もありますので、安心してくださいね)

任意売却後、本当に、収入がない場合、生活保護等の公的制度を利用することもできますよね。弊社でも、生活保護等のアドバイスをすることもあります。
弊社の例でも、「任意売却後、住む所がなくなって困った!」という例は、一件もありませんので、ご安心下さいませ。
不安な点は、いつでもご相談承ります。お気軽に・・・^^

« 「期限の利益」と、「期限の利益の喪失」について | トップページ | 改正高年齢者雇用安定法を考える・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「期限の利益」と、「期限の利益の喪失」について | トップページ | 改正高年齢者雇用安定法を考える・・・ »

youtube動画

  • youtube動画
    ◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


    ◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材


リンク集

最近のトラックバック