弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出しました!

  • 『自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本 [単行本]』 ご購入はこちらから↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 来店大歓迎です♪ | トップページ | 専門家に払う費用の比較 »

任意整理って・・・

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。
明日は、久しぶりに雨マークがついている横浜です。
お姉ちゃんのバレエのリハーサルなのに・・・少しゆーつですgawk

さて。先日、「任意売却後には、任意整理をしたい。。。」というようなご相談がありました。さて。任意整理とは?を改めて書きますね。

---

任意整理とは、裁判所などの公的機関を利用せず、司法書士などの専門家が私的に債権者と話し合いをして、借金の減額や利息の一部カット、返済方法などを決め、和解を求めていく手続のことです。

任意整理は、裁判所などの公的機関を通さないため、債権者は話し合いに応じる義務はありません。

債務者個人で債権者にかけあっても、相手にされないこともあります。

よって、任意整理は事実上、債務者個人で行うことは難しく、弁護士や司法書士などの専門家に依頼するほうがいいでしょう。

債権者と和解案に合意ができた場合は、和解案に従って、3年~5年の間で借金を返済していくことになります。

任意整理の中でも消費者金融業者を相手にする場合、過払い利息の引きなおしが大きな割合となります。

利息制限法と出資法という2つの法律で決められています。

利息制限法の上限は、年15%(元金が100万円以上の場合)ですが、これに違反しても罰則はありません。

出資法の上限は年29.2%と定められており、これに違反すると罰則が課せられます。

そのため、消費者金融会社のほとんどは、罰則の無い利息制限法を守らず、罰則のある出資法ぎりぎりの利息で貸付を行っているのです。

専門家に債務整理を依頼した場合、この差で借金の減額が可能になるのです。

出典:自己破産・債務整理ガイド

---

任意売却は、住宅ローン返済苦のひとつの解決策ですが、その他、多くの消費者金融等から借り入れがある場合、債務整理を考える場合があると思います。任意売却後も、その方のご希望、状況に合わせて、アドバイスすることができますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

« 来店大歓迎です♪ | トップページ | 専門家に払う費用の比較 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 来店大歓迎です♪ | トップページ | 専門家に払う費用の比較 »

youtube動画

  • youtube動画
    ◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


    ◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材


リンク集

最近のトラックバック