弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出しました!

  • 『自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本 [単行本]』 ご購入はこちらから↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2013年度もよろしくお願いします。

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

年末年始の休業モードな企業様も多いとは思いますが、弊社は、今日から毎日、年末まで、ご相談予約があり、ゆっくり?なかんじでもありません^^;

弊社の年末年始の休業は12月29日~1月6日まで。電話は、緊急の場合、転送されますので、年末年始でも、お問い合わせは大丈夫です(社長が休めるんだろうか・・・ってかんじですが^^;)

私は、本日が2012年度仕事納めです^^

先日読んだ、日経新聞の一面にて、『円滑化法の迷走』という記事が掲載されていましたね。円滑化法は2013年3月に切れますが、金融機関の代表者宛に、「貸出条件の変更等には、これまでと変わらず努めていただいたい」いう、法律はなくなるが、実質延長を示唆するようなメールが届いたとのこと。

当初1年の時限立法が、「倒産が増える」との理由で、延長され、結局は、倒産を先延ばしにしているだけの現状。返済猶予を受けた企業は、30万社~40万社、不良債権予備軍も5万社~6万社・・・!

円滑化法が切れて、この返済猶予を受けた企業の大半が倒産!なんていう事態は、避けなければなりませんが、だからといって、いつまでも、猶予を続けていても根本的な解決になるのでしょうか。。。

返済猶予は、企業の経営改善計画ととセットで認めるのが本来の趣旨で、計画とおり、改善されていれば、問題なかったのでしょう。

安倍政権が発足し、金融緩和でインフレ、住宅ローン金利も上がる!?という懸念から、変動金利で住宅ローンを組んでいる方は、危機感をお持ちかもしれませんね。また、消費税率アップで、増税前に、来年こそは、マイホームを購入するぞ!と思っている方も多いかもしれませんね。

来年も、いろいろな情報が飛び交うでしょう。もしもの時は、弊社までお問い合わせくださいませ。いろいろな点で、お力になれるかもしれません。

いろいろな先送りした問題が、来年こそは解決できますように。。。

来年度もどうぞよろしくお願いします。

良い年をお迎えくださいませ。

専門家に払う費用の比較

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

今話題?のKindle fire HD買っちゃいました~^^昨日届き、早速使用開始!
でも、スマホも持っていない私は、なかなか要領がわからず・・・coldsweats01
きっと、年末年始でエキスパートになっていることを信じて。。。今は「なめこ」育て頑張ってます。。。^^;

さて。前回、任意整理について記事に書きましたが、改めて、では、任意整理を依頼する際の費用等々に関して。
弊社のHPで確認できますが、着手金 1万円~5万円

成功報酬は減額された額の10%~30%程度ですね。

弊社は、不動産会社ですので、着手金は不要ですし、
相談も何度でも無料です。
業として、任意整理や、自己破産の手続きはできませんが、
住宅ローン問題に関わるご相談でしたら、無料で承れます。

住宅ローンのご相談、まずは不動産会社、
それでも、解決しなかったら、司法書士、弁護士さんへ。。。
料金比較だけでも、当然ですよね?bleah
参考にしてくださいませ。

弁護士や司法書士に支払う費用の目安と任意売却の費用

任意整理って・・・

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。
明日は、久しぶりに雨マークがついている横浜です。
お姉ちゃんのバレエのリハーサルなのに・・・少しゆーつですgawk

さて。先日、「任意売却後には、任意整理をしたい。。。」というようなご相談がありました。さて。任意整理とは?を改めて書きますね。

---

任意整理とは、裁判所などの公的機関を利用せず、司法書士などの専門家が私的に債権者と話し合いをして、借金の減額や利息の一部カット、返済方法などを決め、和解を求めていく手続のことです。

任意整理は、裁判所などの公的機関を通さないため、債権者は話し合いに応じる義務はありません。

債務者個人で債権者にかけあっても、相手にされないこともあります。

よって、任意整理は事実上、債務者個人で行うことは難しく、弁護士や司法書士などの専門家に依頼するほうがいいでしょう。

債権者と和解案に合意ができた場合は、和解案に従って、3年~5年の間で借金を返済していくことになります。

任意整理の中でも消費者金融業者を相手にする場合、過払い利息の引きなおしが大きな割合となります。

利息制限法と出資法という2つの法律で決められています。

利息制限法の上限は、年15%(元金が100万円以上の場合)ですが、これに違反しても罰則はありません。

出資法の上限は年29.2%と定められており、これに違反すると罰則が課せられます。

そのため、消費者金融会社のほとんどは、罰則の無い利息制限法を守らず、罰則のある出資法ぎりぎりの利息で貸付を行っているのです。

専門家に債務整理を依頼した場合、この差で借金の減額が可能になるのです。

出典:自己破産・債務整理ガイド

---

任意売却は、住宅ローン返済苦のひとつの解決策ですが、その他、多くの消費者金融等から借り入れがある場合、債務整理を考える場合があると思います。任意売却後も、その方のご希望、状況に合わせて、アドバイスすることができますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

来店大歓迎です♪

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。
本日は、穏やかな水曜日~♪朝から電話もあまり鳴りません。
年末で、不動産も動きが少ないようです^^;
弊社は、年末28日まで営業中です^^
さて。最近多いのは、朝、「今日、ご相談に行きたいのですが。。。」という電話。
弊社は、当日の来店・ご相談も承ります♪お近くに来たから寄った・・・ということでも大丈夫です。お気軽にお電話くださいね。
来店の際に持ってきていただく書類ですが・・・いろいろとあるのですが^^;一番間違いないのは、購入時に不動産会社からいただいた書類一式です。かなりの量にはなると思いますが、ご持参いただければ詳細を確認できます。また、住宅ローンの返済を滞納されていた場合は、金融機関からの手紙、また、返済計画や、住宅ローン残高がわかるような書類があれば今後の対策も検討しやすくなります^^
また、購入した物件ではなく、相続で所有された不動産で、詳細な資料がない場合は、取り急ぎ、謄本をご持参いただければ大丈夫です。
とはいっても、任意売却専門業者は多数有り、まだ、どこに依頼しようかわからない・・・まずは、どんな会社か、どんな担当者か見てみたい・・・なんていう、軽い?お気持ちな場合もありますよね。そのようなご相談での来店でも問題ありません。(お客様から詳細の情報をいただかないと、的確なアドバイスはできないかもしれませんが・・・^^;)
資料がない、揃ってないということでも大丈夫です。行動することが一番です。
いつでもお待ちしております。

任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本

こんにちは。ライビックス住販スタッフKです。

昨日は、幼稚園の子供が発熱しcoldsweats02インフルエンザかぁ!?なんて慌てちゃいましたが、結局、疲れ熱?だったようで、今日は元気?に登園。かかりつけの医院には、風邪らしき人が多く来ていました~^^;皆様もお気を付けくださいね。

さて。最近、弊社代表木原洋一著書の「任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本」を読んだとか、立ち読みした^^;とかいうご相談の方が多いです。本の最後の方に、問い合わせのフリーダイヤルの記載がありますので、立ち読みの方は、メモして?電話していただいたんですね。。。^^;
有難うございますlovely
本を読まれていない方にも、必要に応じて、この書籍をご送付することがありますが、本を読んで、「自分の状況がよくわかった」とか、「金融機関からの手紙の意味を初めて理解できた」といった声を多くいただきます^^

住宅ローン問題を前向きに解決できる方法がきっと見つかります!

書店でまた、アマゾンでも購入できます^^ぜひ

アマゾンのレビューを一部抜粋します^^
---
私は、父の会社の倒産のため、学校を自主退学しました。
まだ、あまり、家の家計のことなど気にもしない時期でした。
でも、家を手放さないといけなくなったことを知ったときは
すでに遅かったようで、泣いても何も変わりませんでした。

ひょんなことで任意売却制度を知り本を買い、読んでみましたが、
木原洋一氏のこの本が、私には一番わかりやすかったです。
なぜなら、ご自身の経験のもとから書かれているからです。
その家族が大変だったことも共鳴します。最初に共鳴できたので
後は、とても内容が簡単に入ってきました。我が家は
任意売却を知らなかったので、家族も崩壊し、家もすべて失いました。
私と同じような境遇の方がまだ、たくさんいることも目からうろこでしたが
もっと、みなさんに知ってほしいと思いました。
だから、初めてですが
投稿をします。僅かな可能性が残っていることを知らずに諦めてしまっている方諦めずにご相談したほうが絶対にいいです。
不安なら、このように本を読んでから行ってもいいと思います。

私も父も、木原洋一氏の本を読みました。
知らないと知っているとでは、こんなに人生変わってしまうものなのです。
もっと早く知ることができたら・・・・。
他にも方法があるとわかっていたら・・・。いまは、それしか言えませんが
任意売却を知りたい方は、この本は必読したほうが良いです。

他にも任意売却の本はありますが、いろいろと事例があり、とても、わかりやすかったです。早く、読んだほうがいいと思います。
幸福を祈ります。
---
「任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本」

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

youtube動画

  • youtube動画
    ◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


    ◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材


リンク集

最近のトラックバック