弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出しました!

  • 『自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本 [単行本]』 ご購入はこちらから↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 住宅ローンが引き落としされない・・・ | トップページ | 用語解説「和解調書」とは »

障害年金について

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。
なんだか久しぶりに風邪をひき・・・アレルギーの症状で通院している医者についでに風邪薬を処方してもらい、服用後、夜7時~12時間もぐっすり寝たら、なんと、すっかり回復しました~^^病気には、ゆっくり体を休めることが一番ですね!
さて。本日は、障害年金について。
もしも、自分が障害という状態になってしまったら・・・心配ですよね。
---
●障害基礎年金
国民年金に加入している間に初診日(障害の原因となった病気やケガについて、初めて医師の診療を受けた日)のある病気やケガで、法令により定められた障害等級表(1級・2級)による障害の状態にある間は障害基礎年金が支給されます。
※平成24年度年金額(定額)  983,100円(1級)
786,500円(2級)
※18歳到達年度の末日までにある子(障害者は20歳未満)がいる場合は、子の人数によって加算が行われます。
※ 障害基礎年金を受けるためには、初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の2/3以上の期間について、保険料が納付又は免除されていること、または初診日のある月の前々月までの1年間に保険料の未納がないこと(保険料納付要件)が必要です。
●障害厚生年金
厚生年金に加入している間に初診日のある病気やケガで障害基礎年金の1級または2級に該当する障害の状態になったときは、障害基礎年金に上乗せして障害厚生年金が支給されます。
また、障害の状態が2級に該当しない軽い程度の障害のときは3級の障害厚生年金が支給されます。
なお、初診日から5年以内に病気やケガが治り、障害厚生年金を受けるよりも軽い障害が残ったときには障害手当金(一時金)が支給されます。
※障害厚生年金・障害手当金を受けるためには、障害基礎年金の保険料納付要件を満たしていることが必要です。
---
住宅ローン支払い中に、思いがけず、重い病や、怪我により、就労不能な状態になってしまうということも、少なからずあり、そのような方からのご相談も承ることがあります。下記のご参考に、万が一の際の年金の受給額も確認しておくと良いかもしれません。。。

日本年金機構

« 住宅ローンが引き落としされない・・・ | トップページ | 用語解説「和解調書」とは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 住宅ローンが引き落としされない・・・ | トップページ | 用語解説「和解調書」とは »

youtube動画

  • youtube動画
    ◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


    ◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材


リンク集

最近のトラックバック