弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出しました!

  • 『自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本 [単行本]』 ご購入はこちらから↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 登記簿謄本の取得 | トップページ | 低廉譲渡 »

時効って・・・

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

もうすぐ夏休も終わりですね♪
夏休みって、学校に通っている子供を持つ母は大変なんですよね~sweat01お昼の準備や、昼間から、家でゴロゴロしている子供たちの世話?sweat02
外は、暑くて、そうそう子連れで外出もできないし。でも、もうすぐ終わりですね♪

さて。本日は、時効について。先日の日経新聞でも、時効について、簡潔?にまとめられていたので、抜粋しますと・・・

<お金に関する主な時効や期限>(権利を一定期間で失う時効や期限)
1.個人間の貸金・・・10年
2.銀行・消費者金融などからの賃金・・・5年
3.生産者などが売った商品の売掛金、塾の月謝など・・・2年
4.タクシー料金や飲食代金、ホテル等の宿泊代金など・・・1年
5.給料や残業代・・・2年
6.退職金・・・5年

もしも、上記で、回収できていない金銭がありましたら、時効だからといってあきれめずに、請求してみてもいいようですよ。
「時効完成後でも、一部返してもらえれば原則的に時効に関わらず全額請求できる」とのことです^^

また、もしも、時効を援用したいとお考えなら・・・絶対に請求があっても払わないことが必要ですね^^;

« 登記簿謄本の取得 | トップページ | 低廉譲渡 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 登記簿謄本の取得 | トップページ | 低廉譲渡 »

youtube動画

  • youtube動画
    ◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


    ◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材


リンク集

最近のトラックバック