弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出しました!

  • 『自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本 [単行本]』 ご購入はこちらから↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 取立行為について・・・ | トップページ | 火災保険の質権設定について »

生活保護について考える

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

今日は、初夏のような汗ばむ陽気の横浜地方です。
昨日は、長袖でも寒かったのに・・・梅雨入り前、太陽崩さないようにしないと・・・。
皆様もご注意くださいね。

さて。本日は、つい最近まで、連日ニュースになっていた生活保護の問題。

全国の生活保護の受給者は210万人に迫り、低年金の単身高齢者の増加や雇用環境の悪化により、過去最高を更新し続けているんですよね。

弊社のお客様も、やはり、収入がなくなり、生活自体も困難になり、生活保護を考える場合もあるかと思います。

2012年度の給付総額は3兆7千億円に達した。国や地方自治体の財政が逼迫(びっぱく)するなか、保護費の財政負担はますます重くのしかかりつつあるのは、確かで、生活保護の受給者は年々増加していますが、本当に必要な人に、生活保護費が支給されるなら、全く問題ないと思います。
(不正に受給していることが問題のなので、本当に必要な人には、必要な制度ですよね^^)

今まで、真面目に働いて、税金を納めていたのであれば、そんなに、負い目を感じること無く、再建のための、第一歩として活用することは、全く問題無いですよね!

制度的な問題・・・例えば、問題として特に(最低賃金が安い地方などでは特に)収入が週5日一生懸命8時間働いた額より、生活保護受給者の受給金額の方が大きくなってしまう事等は、改善していかなくてはなりませんが、「生活保護を受ける=甘えてるんじゃない?」なんて意識がなくなることを願って。。。

« 取立行為について・・・ | トップページ | 火災保険の質権設定について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 取立行為について・・・ | トップページ | 火災保険の質権設定について »

youtube動画

  • youtube動画
    ◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


    ◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材


リンク集

最近のトラックバック