弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出しました!

  • 『自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本 [単行本]』 ご購入はこちらから↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 裁判所の評価額 | トップページ | 用語解説「使用貸借」とは? »

Q&A 離婚後の連帯債務者の負債・・・

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

今日は、各地で、大荒れの天気予報です。
週末は、花見の予定・・・桜に影響がないことを祈りつつ。。。

さて。本日はQ&A。

Q:現在離婚を考えています。
住宅ローンは公庫や年金でで3500万ほど借り入れし、
現在は2000万14年ほど残っています。
今家を売却すると800万くらいで1200万負債が残ります。

職業は自営業。年収は250万ほど、家は共同名義で妻2:私1の持分です。

家を売ったときに出た負債の処理なのですが、私の年収ではもう借りれないはずです。
この1200万はどういう処理をされるのでしょうか?
共同名義の妻に負債が行かない方法はありますか?
---
A.共同名義、連帯債務者としての責務は、例え任意売却した後も残ります。
ただ、任意売却をして、できるだけ債権者に、多く回収できるように協力した場合、
任意売却後の残債務については、残債務については、債権者と交渉し、
月々払える範囲(1万円程度)で支払えば、住宅金融支援機構(旧:公庫)は、
残った残債(今回の場合1200万)の一括請求等、厳しい取立てもないのが実状です。

よって、ご質問者様が、1200万の借入をして精算をしなければならないとうことはありません。

妻に、負債の請求されないようにするには、借り換え等で、
妻を連帯債務者から外すように、住宅ローンを新たに組む必要があります。

« 裁判所の評価額 | トップページ | 用語解説「使用貸借」とは? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

任意売却しても、連帯債務な訳ですね、

ローンを新たに組み直すっていうことにもなるのですね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 裁判所の評価額 | トップページ | 用語解説「使用貸借」とは? »

youtube動画

  • youtube動画
    ◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


    ◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材


リンク集

最近のトラックバック