弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出しました!

  • 『自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本 [単行本]』 ご購入はこちらから↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

リトリートとは?

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

横浜地方は、本日すごい雪ですwobbly
軟弱な、幼稚園バスは運休となり、大雪の中、子供を幼稚園に送って来ました~。
大変でしたが、子供も、雪景色は興味深いらしく、楽しく、通園していました♪

さて。本日は、前回のブログで書いた「こころの健康」について。

・こころの健康を保つには、「リトリート」のススメというのがありましたが、
さて。リトリートとは?

リトリート(Retreat)は、直訳すると、避難、退去、隠居、静修、などの意味です。
日常生活から離れ、普段しないことをして、自分を見つめなおすなどの意味で使われます。

いつもいつも、前向きに、ひたすら進んでいくだけではなく、
時には、立ち止まったり、退却し、避難することも時には必要なんですね。

悩み事が多い時こそ、
静かな場所で、できれば、自然の中で、ゆっくりとしてみてください。

お役に立てることであれば、いつでも、ご相談は承ります。
お待ちしておりますねconfident

こころの健康・・・

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

本日は、娘の小学校の社会見学で、カップラーメンミュージアムに行きました。
なんでも、自分のカップラーメンを作れるとかで、とても楽しみですね~。
私も体験してみたいです♪

さて。先日、子供のイベントと同会場にて、
「こころの健康を考える」という講演会をしていました。
とても興味があったのですが、ちょうど子供のイベントと同時間だったので受講できず。
資料だけいただきましたsmile

とても濃い講演内容なのですが、レジュメから一部抜粋します。

---
こころの健康の手入れのポイント
①全般的健康
②こころの手入れ
③リトリートのススメ

---
内容の詳細に関しては、追々ブログにて・・・・

間違い電話?^^

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

今日は、私がこの会社に入社してから、◯年目の記念日♪?です^^
初出社の日は、平沼橋駅で記念切符を買ったなぁなどど、ちょっと思い出したりして。
(記念切符なんて書けば、平成何年入社かわかっちゃいますよね^^;)
これからも、毎日努力、日々精進したいです!

さて。以前からもあったことなのですが、
弊社のフリーダイヤル、間違い電話結構あります。
(以前もブログで書いたかな?^^;)
一番多い、「住宅金融支援機構」宛の電話。
私も未熟だったため、
「この電話は間違いですよ。機構はこの番号ですよ。。。」ぐらいの説明しかしなかったのですが、
よくよくお話を聞いてみたら、
やっぱり実際は、返済が困難な状況だったらしく。。。
支払いの見直しだけでなく、任意売却も検討するようなことに。

弊社のHPサイトに掲載されているフリーダイヤルの番号を見て電話されているので、
やはり、返済が厳しくなっているという状況の方だと思いますし、
まずは、銀行の窓口に相談って思うのでしょうが、
よく考えたら、せっかくの機会だし、支払いの見直し以外の方法を説明し、
任意売却につても、理解していただいてもいいのですよね。

これからは、もっと、親切に丁寧に対応します!

どんな間違い電話でも(笑)お待ちしてますね。

時効について

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。
今日は穏やかな良い天気の横浜地方です♪ 
公園でお弁当ランチもいいですが、花粉も気になるところ。。。^^;

さて。本日は、借金の時効について。。。

貸主が
・銀行などの金融機関、信販・消費者金融などからの場合 5年 (商事消滅時効)
・友人や知人、親などの「個人」からの場合 10年 (民事消滅時効)

この期間で、時効にかかります。
しかしながら完成させるには、時効の中断にあたる行為があれば完成しません。
時効の中断に当てはまるのは以下のようなものです。


1.. 請求(民法147条1号)
裁判上の請求
支払命令
和解のためにする呼び出し及び任意出頭
催告 (催告とは、裁判外において書面又は口頭で債務者に履行を請求することです)
催告後6ヶ月以内に裁判上の請求等の中断を改めてしなければ、中断の効力は生じません。
(一度、催告をし、6ヶ月内に再び催告をしても中断の効力は生じません。)
2.. 差押え、仮差押え、仮処分(民法第147条2号、154条、155条)
3.. 承認(民法第147条3号、156条)
債務者が時効の進行中に、債権者に対して債務の存在を知っていることを表明すること。
(借り主が借金の返済を約束する。)
(支払の延期を懇願する。)
(借金や利息の一部でも支払う。)

当然、時効を中断させているとの主張をする場合は消費者金融側が立証する必要がありますので、証拠のない口頭での請求や、普通郵便での請求では立証されません。

転載元:自己破産・債務整理ガイド

この時効・・・もちろん、モラルに欠けるような使い方をしてはいけませんよね。
ただ、このような時効というものもあるのだ。。。という知識を得ておくのは良いと思います。

任意売却後の住宅ローンの残債に関してはとても心配なことかと思います。
弊社でも、詳しいスタッフがおりますし、
残債の問題が全て解決するまで、最後までアドバイスさせていただいています。

ご心配な方はいつで相談してくださいね。

住宅ローン貸倒率急上昇・・・

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

今日は天気も良く、ちょっと気分が良かったですね^^
今日のランチは、近くのちょっとおしゃれなカフェで、500円パスタ♪
白菜のパスタで、美味しかったですlovely

さて。本日の日経の1面にて。
「住宅ローン 銀行を検査」という記事がありましたね。

---一部抜粋---
日銀によると、住宅ローンの貸倒率は09年度約0.4%、07年度の0.03%から急上昇した。
一方、競争による金利低下で銀行の採算は悪化している。
日銀によれば、10年度の大手銀行の住宅ローンの利ざやは0.1%、
地域銀行で0.5%。銀行によっては逆ザヤに陥りかねない。
----
過度な低金利競争で、大盤振る舞い?で住宅ローンを貸し出ししていたツケですかね。。。
それにしても、貸し倒れ率が10倍になっているとはshock
相談の電話が多いわけですね。

少しずつ、住宅ローンの低金利競争も抑制されると思いますし、
こんなに、貸し倒れが増えれば、審査も厳しくなるかもしれませんね。
将来的に、住宅ローン破綻で、不幸な人が増えないのであれば、
良いことだと思いますconfident


家計バランスについて

こんにちは。ライビックス住販スタッフKです。

インフルエンザ流行ってますね。。。娘の通う小学校では、学年閉鎖、学級閉鎖が相次ぎ・・・。幼稚園でも、チラホラ。。。
なんでも、インフルエンザは、お茶の飲用が有効とか。口の中のウィルスをお茶で流し込み、胃の中に入れば、殺菌されるとか。。。^^;それを信じて、最近では、お茶を飲用中です。皆さまもご注意下さい。

さて。本日は、家計のバランスについて。
FP2級合格を目指し勉強している私なのですが、家計簿というものをつけたことがなく、ちょっと恐縮ですが、ネットや、書籍から確認すると、
住居費30% 食費15% 保険10% 貯蓄10% 水道光熱費7% 通信費5%
その他23%<内夫婦こずかい8%> が理想の家計バランスとのこと。
皆様も試算してみたらいかがでしょうか???

自分が借りているマンションが競売になってしまった場合・・・

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

先日、新聞の広告にて、「忘れる力」などという本が発刊されているのを見ました〜。
ーーー
人は「忘れる」ことで、
前に進める生き物である
ーーー
「忘れる」って「力」なんですね。
自分は、忘れっぽいって、ちょっと、悲観?してたのですが、
これからは、ちょっと自信をもてますかねぇ。
でも、ホント。自分で言うのもなんですが、
いろいろなこと(悩み・過去の失敗等)、忘れると、なんだか楽になりますよね。

さて。本日の本題。
自分が借りているマンションが競売にかかってしまった場合・・・
これ。弊社が収益投資用物件を任意売却するこも多いので、
結構あるケースなのですが。。。
基本的には、落札者(新しいオーナー)の意向に従わないといけません。
ただ、元のマンションの持ち主が借金の抵当に取られる以前から住んで居る場合には、
裁判所から占有する権利を認められている占有者となり、
立ち退きを強制される行為は取られません。
この場合の賃借人は当然、保護される対象になり、
落札後も継続して住むことができる権利が有るのです。
ですが、多くの場合にはローンを使って投資用マンションを購入をし、
そのローンの返済が滞ったための競売のケースが多いので、
強制退去から逃れられる賃借人は余り多くはないとおもいます。

そこで、弊社からは、
今、お住まいの賃貸マンションが競売にかけられてしまった場合、
そのお部屋をあなたが購入しませんか?とご提案をさせていただいています。
持ち主(オーナー)には申し訳ありませんが、お部屋を相場より安く買い取れるチャンスです。

競売にかけられた賃貸マンションのご購入をお考えなら、
そのお部屋の持ち主に任意売却を勧めていただくのが一番ですねwink

そのような賃借人の方のご相談もいつでもお待ちしております!

UR賃貸って?

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

今日は天気が良く、花粉の飛散が絶好調のようですね。。。
今日から鼻水がすごい~wobblyという方が周りにチラホラ。。。
(私は随分前から発症してましたが^^;)
とうとう到来。花粉の季節。今年は少ないという予報を信じたいところです。

さて。任意売却後の引越し先を考える場合、
できるだけ、良い物件を探したいところですよね。
お客様で、UR賃貸も検討している・・・というお話がありましたので、
本日はUR賃貸について少し・・・。

UR賃貸住宅というのは、「独立行政法人都市再生機構」 という
独立行政法人が運営する賃貸住宅のことで、かつては公団住宅と呼ばれていたものです。
そのため今でもよくUR賃貸のことを「旧公団住宅」なんて書いてあるのを見かけると思います。

もともと「公団住宅」というのは、国の住宅政策の一環として作られたもので、
公的資金を使って「良質な住宅を供給する」というのが目的でした。
したがってその流れをくむ「UR賃貸住宅」も、安さを最優先させているわけではなく、
良質な住宅をお手頃な価格で借りられる・・・というのが最大の特徴です。
現在は全国で約77万戸の賃貸住宅がありますが、
一般の賃貸住宅と比べてかなり条件が良いということで、
どの地方においてもなかなか入居するのが難しい状況のようです。
下記、メリット・デメリットを参照してください。

<主なメリット>
・礼金、手数料がかからない

・更新料がかからない

・保証人がいらない

・単身者、ファミリーどちらにも対応

・建物がしっかりしている

<主なデメリット>
メリットの次はUR賃貸住宅のデメリットについて解説します。
基本的に有利な条件が多いUR賃貸住宅ですが、
下記のような点には注意が必要です。

・人気があるためなかなか入れない
新築物件などを除き、UR賃貸住宅は原則として「先着順」になっているのですが、
やはりこれだけ好条件がそろうと競争も激しくなってしまいます。
申し込みのほとんどが「抽選」となる公営住宅などに比べればまだ入居の難易度は低いといえますが、
やはりある程度手間をかけて空き部屋を探す必要がありそうです。

・家賃がものすごく安いというわけではない

・敷金はちょっと高め(3ヶ月分)

・入居条件をクリアする必要がある

・住宅の内覧が一回しかできない

・地方には物件があまりない

申込資格はちょっと厳しめですが^^;
引越し先の一つとして、検討してみるのも良いと思います。

苦情の窓口

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。
今日の横浜も、すごーい暴風!そして寒い。春が待ち遠しいです。。。

さて。先日、不動産会社のトラブルに弊社が間に入ってくれないか。。。というような相談がありました。

都道府県庁の宅地建物取引に関する苦情窓口では、賃貸借取引/売買取引に関する苦情を受け付けています。 
トラブル解決のためには、この窓口を利用するのが有効です。

多くの不動産会社は誠心誠意業務を行っておりますが、
ごくごく一部の会社には問題があることがあります。。。

(一例で神奈川の相談窓口です)
神奈川県県土整備部建設業課・宅建指導班

関係の不動産会社の所在の県の窓口を調べるといいですね。

年金について

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

今日は節分ですね♪
最近の流行りで、我が家は毎年、節分では恵方巻きを買って夕食手抜きしちゃいますwink
最近は、いろいろありますよね~。パンやスイーツも巻き巻きした物を売ってたり。
今年も、帰宅時に楽しんで買い物しちゃいます。

さて。最近、相談を受けた方。。。年金をもうすぐもらえるような年齢とのことなのですが、
年金の受給資格期間が足りずに、年金をもらえなくなる・・・
住宅ローンも払えない・・・という内容でした。

年金って、払っただけ支給されるかわからないし、
年金なんて払わない!なんて人もいるかもしれませんが、
老後、年金がない!なんて、やっぱり不安ですよね。
多額の貯金があればいいのですが・・・。

で、相談の件ですが、通常、老齢基礎年金を受給するためには、
25年(300月)の加入期間が必要なのですが、60歳到達時の受給資格期間が20年(240月)以上であれば、
60歳から65歳まで任意加入することによって、老齢基礎年金の受給資格を満たすことができます。

受給期間がちょっと少ない方は諦めずに、市区町村役場でご相談くださいね!

期限の利益の喪失について・・・

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。
最近・・・ご相談電話多いです・・・。そして全国から。
来店も多いです。。。皆様もいつでも、お問い合わせくださいね。

さて。本日も基本的なことの確認。

期限の利益と期限の利益の喪失
期限の利益の喪失[民法137条]とは- 簡単にいうと、分割返済の権利を失うことです。

住宅ローンの返済をある一定期間滞納すると、この期限の利益をうしなうことになります。 
銀行によっては3ヶ月だったり4ヶ月だったり6ヶ月だったりします。
(住宅ローンの契約書で確認してみてくださいねwink

そして、分割返済の権利を失うということは、全額の一括へ返済をしなければならないということになります。 

現実問題として、月々のローンの返済が出来ないから滞納するのであって、そのような状況下の方へ全額を耳を揃えて返済しろと強制してきます。

返済すべきお金が用意できない場合には、競売で不動産を処分されて強制的に現金化されてしまいます。

銀行はボランティアで住宅ローンの融資をしているのではないので、
全額用意できなければマイホームは手放すことになります。 
期限の利益を喪失した後にできることは、競売か任意売却かの家の手放し方の方法論だけとなります。

よって、別の考え方をすれば、、、
任意売却をしたい人の場合には、この期限の利益を失わないと任意売却ができません。

住宅ローンの返済が苦しくて、2ヶ月・3ヶ月と延滞をしてしまい、
銀行からの督促の電話に『任意売却をしたい』旨を伝えると、
銀行から『現在、滞納している分を支払わないと任意売却は出来ませんよ』
と言われることがあります。

そして、銀行さんの、その言葉を信じて、なんとかお金を工面し銀行に入金すると、
滞納していたお金を入金しちゃうということで滞納ゼロということになってしまいます。

借金返済の滞納が無いということは、期限の利益の喪失にはなりませんので、
任意売却を金融機関に申出することはできません。

月々の返済が本当に苦しい、もう、任売却をするしかない・・・という状況でしたら、
意識的に返済を滞らせて期限の利益を喪失することが必要になるのです。。。 


« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

youtube動画

  • youtube動画
    ◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


    ◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材


リンク集

最近のトラックバック