弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出しました!

  • 『自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本 [単行本]』 ご購入はこちらから↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Q&A 離婚の際の住宅ローンの精算について | トップページ | 多重債務110番結果・・・ »

詐害行為とは・・・

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

横浜地方は、週末は、穏やかな晴天でしたね~^^
土曜日は、息子の七五三でした。なかなか格好良かったですよ~(←親バカbleah
娘は、七・三もとっくに終了しているので、七五三全て終了で、感無量!?です^^

さて。本日は、基本的なことですが、、、用語解説。
「詐害行為とは?」
・債務者が、債務の弁済に当てるための財産を故意に減少させる行為
・債務者が、債権者を害することを知りながらする悪意の財産減少行為

をいいます。

任意売却は、住宅ローンを完済できない金額で、
市場価格より安めに、価格を設定することが多いので、
任意売却にあたって少なからず、心配になるのは、
「財産を故意に減少」させたり、
「悪意の財産減少」を警戒されるのでは?ということもあるかもしれませんが、
担保物件を相当な価額で売却し、その売却代金を抵当権者等の優先債権に弁済した場合には
詐害行為にあたらないと言います。

弊社でも、身内間売買等で、任意売却で、「安く買いたい」というご希望も
よく承るのですが、上記の通り、「相当な価額」(いわゆる評価額以上で、
市場価格と同じくらいの価格」でないと、任意売却できず、
相当な価額でなければ、詐害行為として取り消される場合がありますので注意が必要です。

« Q&A 離婚の際の住宅ローンの精算について | トップページ | 多重債務110番結果・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

身内間売買だと安く買いたいっていうのは出てくるよね。でも気を付けないといけないね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Q&A 離婚の際の住宅ローンの精算について | トップページ | 多重債務110番結果・・・ »

youtube動画

  • youtube動画
    ◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


    ◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材


リンク集

最近のトラックバック