弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出しました!

  • 『自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本 [単行本]』 ご購入はこちらから↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« オーナーチェンジ物件について | トップページ | 間取り図1枚の請求費用・・・ »

整理回収機構って・・・

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

台風も遠ざかり、久しぶりに涼しく、過ごしやすい横浜地方です♪

さて。任意売却を担当するようになり、まだまだ未熟な私ですが、
先般、「整理回収機構」からの督促を受けたというご相談案件があり、
「整理回収機構」??という、なんともなさけないですが、認識不足でしたので、
ちょっとこのブログで勉強しちゃいます。

---
整理回収機構は、平成11年4月に住宅金融債権管理機構と整理回収銀行が合併して設立された株式会社で、
預金保険機構が全額出資しています。
 主に、(1)旧住専や破綻金融機関などから譲り受けた貸付債権の回収業務、
(2)健全金融機関からの不良債権買取り・回収業務などを行っています。
資本金2,120億円は、全額預金保険機構が出資しています。

 その役割として、(1)旧住専および金融機関の破綻処理費用の最小化を図ること、
(2)健全金融機関の不良債権処理を支援し、我が国の金融機能の改善・強化に資することを掲げています。
 金融機関などから不良債権を買取る際には、税金などの公的資金を用いています。
 一般的に、The Resolution and Collection Corporation(整理回収機構)を略してRCCと呼ばれます(以下、RCC)
---
気になる債券回収についてですが、、、整理回収機構のHPによると、

Q III - 1 RCCは、どのような方法によって債権を回収しているのでしょうか。
A III - 1
債権回収の方法は、大別すると、a.約定弁済、b.任意の手続、c.法的手続になります。
RCCは、債務者の方との話し合いを重視しており、
原則、上記の「a→b→c」の順に債権回収の方法を検討していきます。
また、たとえ法的手続をとった場合でも、話し合いによる解決を模索しています。

とのこと。

回収に関しては、かなりノンビリ?しているようで、
(物件にもよるのかもしれませんが。。。)
ご相談いただいたお客様も、2年近く!任意売却している・・・という状況で、
競売という強行手段にはなってないようです。

もしも、整理回収機構から通知を受け取っている・・・という状況でしたら、
ぜひ一度、ご相談くださいませ。


« オーナーチェンジ物件について | トップページ | 間取り図1枚の請求費用・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オーナーチェンジ物件について | トップページ | 間取り図1枚の請求費用・・・ »

youtube動画

  • youtube動画
    ◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


    ◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材


リンク集

最近のトラックバック