弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出しました!

  • 『自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本 [単行本]』 ご購入はこちらから↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 震災後の不動産価格・・・ | トップページ | 配当要求終期の公告って? »

親孝行ローンについて

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

まだまだ横浜地方は梅雨真っ最中ですが、小学校では、6月末にはプール開きだそうで、娘はウキウキ♪
週末に、またプールに連れてけぇとうるさいです^^;
あっ。という間に夏ですね。

さて。本日は「親孝行ローン」についてのご紹介。
聞きなれないローンかもしれませんが、このローンは、
「被災した住居を持つ満60歳以上の親のために、子が建設、購入、補修を行う場合の融資のこと。(国のローン)」
とのことで、従来は「再建する親の住宅の近隣に住む子」しか利用できなかったのすが、
今回の東日本震災後に、緊急で制度が変更され、被災地から離れた場所に住む子が、
60歳以上の親のためにローンを借りて住宅再建ができるようになりました。

例えば、、、「親は岩手県釜石市で被災した。子供は東京に住んでいる。」

利用可です。親が新しく取得する住宅が釜石市内で、あれば、子は東京在住のままでOKです。

このように、使い勝手がよくなり、利用対象者が増えることが予想されますが、
自身が自分の住宅ローンを抱えている場合「二重ローン」になりますので、注意が必要です。

親孝行ローンについては、住宅金融支援機講にも紹介のページがありますので、
下記参照下さい。
http://www.jhf.go.jp/faq/index_hisai.html#Q6


« 震災後の不動産価格・・・ | トップページ | 配当要求終期の公告って? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

親の生活債権にもローンが組めるんだ…
でもうちの場合、かつかつだから結構厳しいなぁ

被災した親の為に何とかしてあげたい気持ちはあるけれど、2重ローンになるとやっぱり厳しいものがありますね。ローンの免除とかならないのかなぁ。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 震災後の不動産価格・・・ | トップページ | 配当要求終期の公告って? »

youtube動画

  • youtube動画
    ◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


    ◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材


リンク集

最近のトラックバック