弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出しました!

  • 『自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本 [単行本]』 ご購入はこちらから↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 耐震について | トップページ | 地震保険について »

再建に向けて・・・

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。
計画停電も今日で4回目。本日は、15:20~19:00。
この時間帯は、帰宅時には家は、真っ暗~な状況で、
前回は、まぁ、19:00~夕食の準備すればいいやと、
安易に考えていたのですが、その時間って、家の近所も駅前も全て停電で買物もできず^^;
結局外食になってしまった、まぬけな母親をしてしまったで、
今日は、ちょっと利口になって?横浜の職場の付近で買物をして帰りたいと思っています。

さて。震災で避難した方々ですが、まずは無事でひと安心という段階かもしませんが、
いずれは、今後、住居をどうするか、また自宅について、どうするのか?
を検討しなければならなくなりますよね。。。

参考までに、阪神・淡路大震災の時がどうだったのか。ちょっと調べてみました。
以下、抜粋します。
---

1.自宅を再建し、二重にローンを背負う人に対して
1) 被災者向け低利融資
住宅金融公庫2.00%(1998年6月1日時点、通常の融資利率2.75%)
2) 利子補給
残ったローンが400万円以上、年収が1431万円以下等の条件を満たせば、阪神・淡路大震災復興基金から特別な利子補給を受けられる。
 
2.残ったローンで手一杯、とても再建はできないという人に対して
1) 残ったローンについて返済条件の緩和(住宅金融公庫の場合)
返済金払い込みの据置(最長5年、据置期間中の金利は引下げ)、返済期間の延長(最長5年)
※この措置を受けるとローンの総返済額は増える。
2) 利子補給はなし

このほか、被災者の方々には税額の軽減措置がとられました。

---
とこのようになっていたようです。

不幸なお話になってしまいますが、このように震災で自宅がなくなってしまっても、
住宅ローンの支払いは残ります。
家を再建してもしなくても借金は膨らんでしまうのです。

ニュースを見て思ったのですが、被災された多くの皆様が故郷を愛しています。
こんな目にあっても、必ず、復興する!という決意をお持ちです。
多くの皆さんが、流された、崩壊された元の家に戻る覚悟をお持ちです。

そんな方々のために、、、今後、政府がどこまで支援できるか。
私たちでも力になれることはないか。
今後も注意していきたいですthink

« 耐震について | トップページ | 地震保険について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

住宅ローンの返済が厳しいなと思っていて、
相談しようか迷っているうちに今回の震災。
地震で、住宅の価値も下がってしまうのかなと思って
心配しています…
ローンだけが残るっていうのはつらいですよね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 耐震について | トップページ | 地震保険について »

youtube動画

  • youtube動画
    ◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


    ◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材


リンク集

最近のトラックバック