弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出しました!

  • 『自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本 [単行本]』 ご購入はこちらから↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

震災そして、住宅ローン

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

節電で事務所内も暗くなっている企業様も多いと思いますが、
職場近くの楽器店にて
「節電で店内は暗いですが、スタッフは明るく接客します」というチラシを見かけました^^
そうですよね~。職場内の電気が暗いからこそ、人間は「明るく!」しないとね^^などど、
納得しちゃいました。

さて。今回の地震で被災された方の住宅ローンについて。
住宅金融試験機構に関してのニュースを見つけました。

---
同機構によると、震災直後の3月12日から23日までに被災者専用ダイヤルで、
700件程度の相談を受け付けた。
うち、返済方法変更関係が約300件、住宅補修融資関係が約300件。
「今週に入り、1日に100件を超す相談が寄せられている」(支援機構)という。
---
今後もますます増えるでしょうね。。。

浦安でも液状化が住宅に深刻な被害を与え、
多くの方が住宅ローンを抱えているのも関わらず、
引越しをせざるを得ない状況である。というニュースも見ました。

物件の価値も下がるでしょうし、深刻な問題ですよね。

当社では、いつでもご相談承っています。ぜひご連絡下さいconfident

地震保険について

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

原発に関しての、不安なニュースもまだまだ収まっていませんが、
被災地では、確実に復興に向けて歩みだしていますね。
仮設住宅の建設や、家に住む事が困難な方へ、部屋を提供するようなサイトが立ち上がったり。。。
まずは、食の確保、次は、住居なんだなぁって思い知らされます。

安心して住める家は、とても大事。

今後も、不動産売買に携わる人間として、強く意識していきたいです。

本日は、地震保険について。

今回の大震災で、住居に関しての危機管理意識が高まり、
地震保険が注目されていますね。

本日の日経新聞によると、今回の震災の被災地以外で一戸建ての持ち家に住む人を対象に調査したところ、
地震保険に加入しているのは、36%ですが、
未加入の人でも、「加入したい・加入にやや前向き」を合わせると66%だということです。
ただ、未加入者のうち40%は、今後も加入するつもりはないとのこと。
これは、地震保険に加入しない主な理由として、
「保険料の高さ」と「補償される保険金額が不十分」という2点があげられます。

そもそも地震保険とは、単独で加入できず、火災保険に付け加える形をとり、
補償額は火災保険でかけた額の3~5割。
建物は5000万円、家財は1000万円を上限に
全損、半損、一部損の3段階で被害の状況に応じて支払われますが、
この上限の範囲内では、地震保険の補償額では立て直すことは難しいようです。

ただ、地震の住宅再建に関しての国の支援は薄いということは事実です。
「被災者生活再建支援制度」を確認すると、
http://www.bousai.go.jp/hou/pdf/080818gaiyou.pdf
国や自治体から支援金が給付されても、基礎支援金は100万円。
住宅の再建方法に応じて支給する支援金(加算支援金)での最大200万円で、
合計最大300万円なので、
保険料も高いし、、、地震保険に加入するか否かは難しい選択かもしれませんが、
住宅ローンなどの残高が多い方、貯蓄が少ない方は、真剣に検討することが必要だと思っていますthink


再建に向けて・・・

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。
計画停電も今日で4回目。本日は、15:20~19:00。
この時間帯は、帰宅時には家は、真っ暗~な状況で、
前回は、まぁ、19:00~夕食の準備すればいいやと、
安易に考えていたのですが、その時間って、家の近所も駅前も全て停電で買物もできず^^;
結局外食になってしまった、まぬけな母親をしてしまったで、
今日は、ちょっと利口になって?横浜の職場の付近で買物をして帰りたいと思っています。

さて。震災で避難した方々ですが、まずは無事でひと安心という段階かもしませんが、
いずれは、今後、住居をどうするか、また自宅について、どうするのか?
を検討しなければならなくなりますよね。。。

参考までに、阪神・淡路大震災の時がどうだったのか。ちょっと調べてみました。
以下、抜粋します。
---

1.自宅を再建し、二重にローンを背負う人に対して
1) 被災者向け低利融資
住宅金融公庫2.00%(1998年6月1日時点、通常の融資利率2.75%)
2) 利子補給
残ったローンが400万円以上、年収が1431万円以下等の条件を満たせば、阪神・淡路大震災復興基金から特別な利子補給を受けられる。
 
2.残ったローンで手一杯、とても再建はできないという人に対して
1) 残ったローンについて返済条件の緩和(住宅金融公庫の場合)
返済金払い込みの据置(最長5年、据置期間中の金利は引下げ)、返済期間の延長(最長5年)
※この措置を受けるとローンの総返済額は増える。
2) 利子補給はなし

このほか、被災者の方々には税額の軽減措置がとられました。

---
とこのようになっていたようです。

不幸なお話になってしまいますが、このように震災で自宅がなくなってしまっても、
住宅ローンの支払いは残ります。
家を再建してもしなくても借金は膨らんでしまうのです。

ニュースを見て思ったのですが、被災された多くの皆様が故郷を愛しています。
こんな目にあっても、必ず、復興する!という決意をお持ちです。
多くの皆さんが、流された、崩壊された元の家に戻る覚悟をお持ちです。

そんな方々のために、、、今後、政府がどこまで支援できるか。
私たちでも力になれることはないか。
今後も注意していきたいですthink

耐震について

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

あの巨大地震から1週間経ちましたが、
まだまだ横浜地方は、落ち着かず、緊張した毎日です。
昨日、川崎の自宅で初めて18:20~約2.5時間停電がありました。
計画停電対策は、しっかりしていた?ので、慌てることなく、
子供も非日常的な状況を楽しむ余裕もあったのですが、やはり不便。
このような、いやこれ以上の不便な状況を被災者の方々は、何日も経験しているんだなぁと、
私たちは、恵まれているなぁ。とか、申し訳ないなぁ。とか、
いろいろ考え、普段の生活のありがたみをしみじみ感じました。
でも、これぐらいしか、協力できないんですよね。。。
今後も、どんなことでも、協力できるような心構えをしっかりしたいと思います。

このような緊急事態での親としての役割は、もちろん子供を守ることですが、
むやみに、心配させてはいけないとつくづく感じます。
子どもは、まだこの震災の非常事態がよく分かりません。
私自身、子供の元気さに、無邪気さに、救われています。
いろんな情報は入ってきますが、必要以上に心配しすぎないこと。
元気に、普段通りの生活をすること。
冷静に、自分の身を守る方法を子供に教えておくこと。等々。

そして、社会人、任意売却推進センターの一員としての役割なのですが、
前回の決意表明にも書きましたが、不動産の任意売却のプロになるべく、
一人でも多くの方の悩みを解決できるよう、日々努力することです。

このブログでも、少しでも有益な状況を発信していきたい・・・とも書きました。
なかなか難しいのですが。。。^^;

今日は、耐震診断についてご紹介します。

今回の地震で、ご自宅の耐震性って気になるかと思います。
常識的なことかもしれませんが、
1981年6月に建築基準法が改正されて耐震基準が強化されています。
阪神淡路大震災において、1981年以降に建てられた建築物の被害が少なかったことも報告されており、
1981年以前の建築か、1981年以降の建築かが、一つの耐震の目安になりますよね。

簡易耐震診断(一戸建木造住宅)のHPは、
http://www.kenchiku-bosai.or.jp/wagayare/taisin_flash.html
(監修:国土交通省住宅局 編集:財団法人 日本建築防災協会)

ご自宅がどのくらい地震に強い構造なのか。知っておくだけでもよいかもしれません。


決意表明?!

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

3月11日(金)以降、初出社です。
まずは、弊社社員の全員無事な様子を確認できてとても安心しました^^

この度の東北地方太平沖地震の被災地の皆様、
心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く安心した生活が取り戻せますように。。。いつもいつもお祈りしています。
どうぞ、健康にご留意いただき、今後も十分気を付けてくださいませ。

横浜地方も、今でも、毎日余震があり、緊張が続いています。
被災地の方の緊張や、心配はこの数万倍でしょうね。
それでも、明るく、前向きに、「自分は元気です。」と心配している親戚や知人・友人にメッセージを送る方々。
こんな言い方をするとなんですが、とても勇気をもらっています。

人間は強い。どんな困難でも乗り越えられる。そう信じられます。

私個人としての力は小さいですが、勇気をもらっている皆様もためにも、
今後も必要なことには力になりたい。
(本日は、結構、事務所内寒いのですが、節電のために、
ストーブの利用を控えたり・・・^^;)

日本中が、安心して、落ち着いて生活できる日は必ずくるし、
遠い将来ではない。そのように信じて、毎日、被災者の方の無事を祈って。

私も、努力したいです。少しでも、お力になれるような情報発信を目指します。


銀行にとっての住宅ローン

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

今日は早朝(4時!)から子供のおねしょ騒ぎで大変でした^^;
いつも、おねしょ用の防水シートを敷いているので、
そんなに慌てることもないのですが、
なんと、おふとんの上下を反対に敷いていたようで・・・weep
もう、笑い話にするしかないですよね。本日は快晴!なので、お布団もよく乾くでしょうbleah

さて。弊社HP等でもご説明しておりますが、
住宅ローンを借入するとき、多くの銀行では、
ローン実行時に「ローン保証料」をとり、
もし、住宅ローンが破綻したとしても、この保証を受けることができるので、
銀行は、残債務を全額、返済されることを保証され、銀行は全く損をしない仕組みなっています。

そして加えて、、、今回ネットで、とある記事を読んで私も知ったのですが、
---
「デフォルト率」という、 いわゆる“貸し倒れ率”が、
地域や時期によって違いますが、一般的に法人向け融資のデフォルト率は2~3%ほどなのに対して、
住宅ローンのデフォルト率は0.2~0.3%ほど。
---
とのこと。
企業向け融資に比べて、個人向けの住宅ローンは貸し倒れになる確率が10分の1なのです!

そうなんですよ。

住宅ローンで悩んでいる皆様。安心してください^^

もしも、返済できずに、銀行にとって、貸し倒れになっても、
銀行にとってみれは、たいした痛手にはならないんです!

ぜひ、悩み過ぎずに、お困りになったら、一度ご相談くださいませconfident


3月は自殺対策強化月間です

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

昨日、TVで、「花粉は今年分の予想量のあと2/3はこれから飛散する・・・」と言っていましたwobbly
本格的な花粉シーズンがやってきます。。。覚悟しないと。

さて。TV言えば、最近コマーシャルで、
「お父さん、最近眠れてる??」というものを見かけますよね?

年度末、学年末のこの3月は年間を通じて最も多く自殺者が発生する時期で、
今月が自殺対策強化月間として、
まずは、家族などの周りの人が、気づきましょうというキャンペーンですよね。

日本の自殺について・・・統計から・・・

   【年間自殺者3万人超 10年連続】
【交通事故死者数の5倍以上】
【イラク戦争で亡くなった米兵の10倍】
【自殺による深刻な影響 国内で毎年200万人】
【自殺死亡率 米国の2倍、英国の3倍】

だそうです。

平成22年度では、性 別 で は 、 男 性 が 22,28 3人 で 全 体 の 70. 3%。
そして50歳代が一番多く、全体の18. 8%。

本当に、「お父さん大丈夫?」な状況ですよね。。。think

ある記事によると、

あるアメリカでの調査で自分の幸福度を自己評価してもらったところ、
平均で46歳のときが一番不幸だと感じるという結果が出たというのです。
20代、30代と年齢を重ねるにつれ幸福感は薄れ、40代半ばで底を打ち、
その後は緩やかに回復する。これはアメリカだけではなく、世界的に共通する傾向のようです。

40代に入ってからは子どもの受験や住宅ローン返済、
家庭内でのトラブルがあったり、健康面でも生活習慣病や老眼といった不安が出てくる。

相談窓口はたくさんあります。

私どもも、住宅ローン問題の専門家として、お役に立てることがあるかもしれません。

「大丈夫?住宅ローンの問題なら、専門の不動産に相談したら?」

こんな声かけできる人が一人でも多くなりますように。切に願っています。

銀行が住宅ローン金利優遇をやめるとき・・・

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

朝から雪が降っていた横浜地方ですが、午後には小振りの雨になっています^^
こんな天気の時は、保育園への送りも大変なのですが、
子供とアイアイ傘で登園できるのも、楽しいわ。と思うようにしています^^;

さて。変動金利で住宅ローンを借りている方は、
今後の金利上昇はとても気になるところですよね。
現在、銀行間では、「金利優遇キャンペーン」で、
店頭表示金利から-1%とか-1.5%とかの幅で金利を下げ、
住宅ローンを獲得するために競争が激化しています。

---
金利は、今が底値。
銀行にとって収益を上げられるギリギリの貸出金利の水準は「1.2%」!
---
という記事を見つけました。

銀行は「法人がダメなら個人!」となり、必死に住宅ローンでお金を貸そうとしているので、
景気が回復し、企業融資も回復してくれば、住宅ローンの金利の上昇は必至ですね^^;

景気の回復も本格的ではなさそうだし、
世界的に金融緩和は続きそうなので金利が急騰することは考えにくい。
なので、すぐに住宅ローン金利が1%上がる可能性は少ないとはいえ、

「銀行の法人貸出が伸びてきた」「日銀が金融緩和政策を止めた」――。
こんなニュースが出てきたら、その時こそ銀行が金利優遇キャンペーンを縮小したり、
中止することになると予想されます。

その時にあわてないように、、、、
金利上昇にも耐えられず、住宅ローンを払うことが難しそう・・・
そんな方は、いまから売却に関して、特に任意売却の知識を得ておくことをお勧めします^^

不安な方はいつでもご相談くださいませ。


管理費・修繕積立金滞納問題深刻化

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

昨日は雛祭り。スーパーI堂に行きましたが、まだお雛飾りは販売されていましたけど^^;
こんな売れ残りのお雛様・・・いくら安くても買う人はいないだろうなぁ~なんて思っちゃいましたcoldsweats01
我が家も(娘のため?)今日中には片付けまぁす!^^

さて。住宅新報Webにこんな記事がありました。
---
「管理費滞納への対応」セミナーが盛況 マンション管理センター
 財団法人マンション管理センター(東京都千代田区)は
2月28日、都内で「滞納管理費等の法的対応マニュアル」解説セミナーを開いた。

同マニュアルは、マンションの管理費や修繕積立金の滞納問題が深刻化している現状を受け、1月中旬に同センターが販売を開始したもの。
滞納状況に応じた督促方法、法的手段を紹介し、関連する書式事例も多数掲載している。
販売前から購入希望の問い合わせがあったという。

セミナーでは佐藤貴美弁護士が講師を務め、
マニュアルに沿って滞納トラブルへの適切な対処法を解説。
マンション管理士や管理組合役員、管理会社社員など定員を上回る120人強が出席し、
講義終了後も質問が相次いだ。
---
管理費・修繕積立金の滞納は管理会社にとって、深刻な問題ですね。

このようなセミナーで、「任意売却の勧め」なんて説明はしないかなぁ。
なんてちょっと思っちゃいました。

マンションの管理費などを滞納している人の多くは、
住宅ローンも滞納しているものと考えられます。
そして、管理費などを滞納している人の大半は、
任売という方法があることを知りません。

その人たちに思い切って任意売却をしてもらうのも、
滞納している費用を回収できる有効な手段ですよね。

殆どの場合、任意売却の際にはマンションの管理費・修繕積立金は、
売却代金の中から配分により支払われますので。。。

マンションの任意売却の管理費・修繕積立金滞納については、
弊社のHPに詳しく説明していますので、ぜひご参照下さいませ^^
http://www.ninbaisuishin.com/sale.php?id=12


媒介契約の解除

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

地元川崎でも、ついに3月から分別ゴミ収集がスタートしましたcatface
川崎でもようやくエコを意識したようで。
(今までどんなゴミでもOK!が不思議なくらいです^^;)
ゴミに無頓着だった私は、朝からゴミ分別を格闘してきました。
慣れるまで少し時間がかかりそうです。

さて。以前もブログで書いたことがある媒介契約について。

先日、弊社にも問い合わせがあったのですが、
媒介契約を解除したいけど、簡単にできるの?って
お客様は少し不安に思われることがあるようですね。

専任媒介契約(専属専任媒介契約を含む)の有効期間は3ヶ月を超えることができず、
弊社の場合、3ヶ月ごとの更新となりますが、
有効期間内でも「契約の解除」はできます。

お客様が不安な点は、
契約解除に伴う、費用の請求がされるかどうか。。。という事かもしれません。
通常の契約書では、(弊社の契約書では)
---
有効期間において、責めに帰すことができない事由によって
専任媒介契約が解除されたときは、専任媒介契約の履行のために要した
費用の償還を請求することができます。
---
とありますし、不動産会社によっては、請求することもあるかもしれません。

ただ、正当な理由があって、解除を希望されるのであれば、
ぜひ、誠意を持って、解除を依頼する方が良いと思います。

大事なマイホーム。有効期間内だから解除できない・・・
もしかしたら、費用請求されるかも・・・という不安から、
時間を無駄にしたら、本当に損ですよね!

大丈夫です。良心的な不動産会社であれば、
かかった費用の請求なんてしないことがほとんどでしょう。

もしも、不安ならご相談くださいませ。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

youtube動画

  • youtube動画
    ◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


    ◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材


リンク集

最近のトラックバック