弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出しました!

  • 『自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本 [単行本]』 ご購入はこちらから↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 金利上昇に備える | トップページ | 広い収納・広い家・・・ »

公的融資制度のご紹介

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

本日、小学校の河津桜が満開になったとのこと、保護者宛メールを受け取りましたconfident
(用件は、桜の件ではないのですが^^;)春は着実に訪れていますね^^

本日は、以前もブログで触れたことがあるかもしれませんが、
公的融資制度をまとめてご紹介いたします。

突然の病気や失業で、生活が困窮したとき、
安易に、カードローンを利用せず、金利の安い公的な融資制度は
知っておくと助かるかもしれません^^

1.生活福祉資金貸付制度(取扱先:社会福祉協議会)
低所得者、障害者、高齢者のほか、失業者も対象に貸し付け。
*連帯保証人あれば無利子。ないと1.5%

2.職業者支援資金貸付制度(取扱先:社会福祉協議会)
失業で生計が苦しくなった世帯に再就職までの資金を貸し付け。
*自治体ごとに条件は異なりますが、無利子の場合もあり。

3.自治体体型融資制度(取扱先:各地の労働金庫)
ろうきんと自治体が提携し、勤労者に対して低金利ローンを提供。
*東京都の「さわやか」の場合、金利1.8%

ご確認いただければわかるように、
金利は、年1.5%~と民間のカードローンに比べて圧倒的に低いです!

社会福祉協議会の制度は、失業を想定したものなので、
もし、なかなか就職できずにお困りなときは、詳細を確認いただくといいと思います。

« 金利上昇に備える | トップページ | 広い収納・広い家・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

公的融資もいくつかあるのですね!

困った時は悩むのでなく、自分からいろいろ調べることも大切なんですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 金利上昇に備える | トップページ | 広い収納・広い家・・・ »

youtube動画

  • youtube動画
    ◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


    ◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材


リンク集

最近のトラックバック