弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出しました!

  • 『自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本 [単行本]』 ご購入はこちらから↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 競売の事実 | トップページ | 公的融資制度のご紹介 »

金利上昇に備える

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

先日、義弟から「一戸建を購入する!」と報告されました。
契約もまだなのですが、3年も探し続けて、ようやく気に入った物件があったそうです。
彼は、現金で購入するのですが、彼の前に、2件話しが入っていたそうですが、
2件とも、ローンが承認されなかったようです。
で、「現金で買う!」ということで、かな~り値切れたようですよ。
現金強しconfident
できれば、現金一括購入ってやっぱり理想ですよね~。なかなか難しいですが。

で、現実的には、ローンを組んで、
そして、安い金利という理由で、変動金利を選択して
マイホームを購入する方が多いと思いますが、
仮に、もしも、10%に上がったらどうなるか・・・計算されたことはあるでしょうか?・・・。

3千万円借りているケースで大雑把な計算ですが、
金利だけで年間300万円、つまり、月額25万円返済しないといけません。
これに、元本返済もプラスされますよね・・・。

金利が何パーセントまで上昇するかは不透明ですが、
金利は数年以内に、少なくとも今より上昇している確率のほうが高いと考えられます。

当面は、まだ超低金利が続いていますから、それほど慌てる必要はないかもしれませんが、
金利が上昇する危険性を考慮して、 固定金利での借り換えを検討したり、
事前に準備することは必要かもしれません。

そして、もしものとき、マイホームを手放さなければならないときのために、
ぜひ、弊社のHP等で、任意売却のことをよく知っておいていただければ幸いです^^

« 競売の事実 | トップページ | 公的融資制度のご紹介 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 競売の事実 | トップページ | 公的融資制度のご紹介 »

youtube動画

  • youtube動画
    ◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


    ◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材


リンク集

最近のトラックバック