弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出しました!

  • 『自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本 [単行本]』 ご購入はこちらから↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« マイホームについての「時代遅れ?」の考え | トップページ | 魅力的な賃貸♪ »

住宅の平均耐用年数の記事より・・・

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。
今日は久しぶりに、冬らしい寒い天気ですね。
太陽の光をとても有り難く感じる陽気でした^^

さて。住宅の平均耐用年数に関する記事を見つけました。
(週刊ポスト12月10日号)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20101130-00000000-pseven-pol
---
住宅の平均耐用年数はイギリスで141年、
アメリカは103年、ドイツは79年ですが、日本はたったの30年。
--
びっくりですよね。
よく築30年以上の住居は、資産価値がない・・・というのが
日本の常識的な考えでしたが、
海外では、30年を超えても、資産価値もあるし、
家の購入は利殖行為なのです。

以下 記事からの抜粋---
海外で、家を購入した場合、居住年数10年、20年で
ローンの支払いが半分になった頃に、
価値が2倍、3倍になり、それを担保にまた別の住宅を買って、
賃貸に出して利益を得ることができる。つまり、家の購入は利殖行為なのです。
---
日本でも、中古住宅の資産価値も見直しをされているとは思いますが、
平均耐用年数が海外並になる日はくるのでしょうか・・・think

記事にありましたように、

・日本の全住宅の2割は空き家で、供給過剰

・将来の人口減少

では、「中古住宅」の資産価値は上がりようもないですよね・・・。

これが現実なのです。

住宅購入時には、あまり「いい夢」を見過ぎないように・・・
お気をつけくださいませ。。。

« マイホームについての「時代遅れ?」の考え | トップページ | 魅力的な賃貸♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

家って買った途端に資産価値が下がりますよね。
中古になっちゃいますもんね…消耗品みたい。
でも本当は愛着のある家なら価値が上がったほうが嬉しいですよねcrying

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マイホームについての「時代遅れ?」の考え | トップページ | 魅力的な賃貸♪ »

youtube動画

  • youtube動画
    ◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


    ◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材


リンク集

最近のトラックバック