弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出しました!

  • 『自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本 [単行本]』 ご購入はこちらから↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

家を購入する・・・危険な例

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。
先日、花粉症か?風邪か?という鼻炎の症状に悩まされましたが、
今日は、すっかり?回復しています。
春の花粉シーズンに向けて、初の試みである甜茶でも飲もうかと思っています^^
薬に頼らない体って必要ですよね。

春の新生活に向けて、家の購入を考えている方も多いかもしれません。
このような業界に携わっている私のような人全てが、
「家購入」や「住宅ローンを組むこと」に対して否定的に考えていると
思われがちですが、私は家を購入し、住宅ローンを組んでいますし、
「どうしても、家を購入したい」という気持ちは、否定しませんし、
よくよく考えて購入するのであれば問題ないと思います。
(もちろん、年収の25%~35%以内で住宅ローン返済計画をしてくださいね。)

ただ、強いて「ちょっと待って!」と思われる場合を下記に上げさせていただきます。

1.配偶者以外に連帯保証人を求められる場合

2.高額の頭金を親に用意してもらう場合

1の場合、第三者を保証人に求められるということは、
その本人だけでは、「経済的な信用がない」ということなのです。
第三者を巻き込んでまで、住宅を購入するのはとても危険です。。。

2の場合、よくあるケースだと思うのですが、
そのそも、頭金を自分で用意できない方は、
貯蓄ができない方、このような方は、
住宅ローンの支払が滞りそうな場合、また親に支払いの援助を頼む傾向があります。
また、頼られた親も、「親らしいことをしなければ・・・」と
資金を融通してしまう。。。
家族がみな不幸になる危険性があります。

上記2点のケースの場合は、「買いたい!」という欲求にちょっとブレーキをかけていただくといいかな。
と思っています。

任意売却ができない・・・!?

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。
毎日寒いですが。。。こんな陽気でも花粉が飛んでるのでしょうか・・・。
昨日の夜から、鼻炎の症状が悪化しています。
春が今から怖いです・・・^^;

さて。本日は、任意売却ができない・・・(とおもわれがちな)事例を上げます。
(他サイトにて掲載されていた事例を参考にしています^^;)

1.連帯債務者・連帯保証人・保証人と連絡が取れない、承諾が得られない場合

2.内覧・内見希望者がいても、家の中を見せられない

3.ご本人もしくは保証人の本人確認ができない

4.債権者との関係が壊れている

5.連帯保証人には絶対に迷惑をかけれれない

等でしょうか。

弊社の場合は、上記1や5のような事例の時も、
地道に対処し、(例えば、保証人の方を説得したり、
保証人の方の連絡先を探し出したり・・・)
なんとか、任意売却できるよう努力しています。

4.の債権者との関係が壊れていても、
なんとか交渉し、任意売却成功まで結びつけた例もあります。

上記の例にあてはまり、自分は任意売却できないのでは・・・と思っている場合でも、
ぜひ一度ご相談下さいませ。
お待ちしております。confident

お得な^^技能習得手当

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。
今日の横浜地方は暖かいいい天気ですね。
事務所の方が、エコ温度設定で寒いくらいでしょうか・・・?^^;

さて。本日は、転職・就職先がなかなか決まらない・・・
というときに、こんな手当もありますよ~のご紹介。

その名称は「技能習得手当」

私も今まで認識不足だったのですが、
職業訓練学校に入り、受講すると、
基本手当とは別に500円の技能習得手当が支給されるのですが、
今までは、「1日500円かぁ」くらいにしか思っていなかったのですが、
なんと、職業訓練の受講期間中であれば、
たとえ、基本手当の給付日数を消化してしまっても、
引き続き「基本手当+技能習得手当」を受給し続けられるのです!!

そうなんです。例をあげますと、
基本手当の所定給付日数が90日しかない人でも、
1年間の職業訓練を受講すれば、基本手当と技能習得手当を
「1年間」もらい続けることができるのですhappy02

この給付は、訓練延長給付と呼ばれ、
職業訓練の受講開始時に一定数以上の所定給付日数(基本手当)を残していることが条件ですが、
訓練を受けて、基本手当も延長されるなんて
すごいお得ですよね。
ぜひ、確認して、活用してみてください^^

住宅ローン返済月額の危険ライン・・・

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。

今年の冬は今後も一段と冷え込みが増すようですね。
防寒対策、風邪予防しっかりしたいところです。
インフルエンザが流行らないことを祈りつつ。。。

さて。こんな記事を見つけました。

「住宅ローン返済月額14万円」家族ばかり破綻していく「ワケ」。
――夢を「悪夢」にしない方法はこれしかない!
http://www.nikkeibp.co.jp/article/sj/20101112/251573/

なんでも、
住宅ローン返済月額が「14万円」の方からの、住宅ローン返済難の相談が多いそうですね。
返済月額14万円は、年収500万円~600万円の上限いっぱいの返済額だとか。。

この出筆者は、ファイナンシャルプランナーで、
解決方法としては、

1.なにはともあれ「金融機関に行け!」
(借り換えや、返済猶予の相談)

2.「自宅の売却」

3.法的な解決手段を検討してみる(個人再生と自己破産)

をご紹介していました。
正攻法ですね^^;

2.「自宅の売却」に関して、
---
(売却後)
ここで、もし500万円の住宅ローンが残ったとする。
これを残り27年・金利2.5%で返済したとして、
月の返済額は2万円強。これに一家で賃貸住宅に住む家賃が加わる。
---
とのことでしたが、これは、現場を知らない方の説明ですねぇ。

基本的には、住宅ローンの残債はもっと柔軟に対応していただけます。
もちろん、交渉次第ですが。

現実的な、住宅ローン残債の返済方法をしっかり知りたい方は・・・
ぜひ、ご相談下さいませconfident

新たな借入先・・・?

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。
毎日寒いですね。おかげで、近所の木々も赤や黄色に色づいてきました。
落ち葉もたくさん!で掃除の方も大変でしょうけど。
子供と焼き芋でもしたい気分ですね^^

本日の日経新聞1面にて10月1日時点での来春卒業の大学生の
就職内定率が57%と、1996年以降最低の数値という記事を見ましたが、
雇用情勢もなかなか回復しないような状況です。
そのような状況で、現在借入がある人数は約1200万人で、
その半数近い推定500万人が総量規制の対象者!という記事も見つけました。。。

株式会社NTTデータ経営研究所の
「貸金市場における改正貸金業法の影響に関する実態調査」では、
総量規制該当者が、今後新たな借入ができなくなった場合に取る行動の調査結果、
今後新たな借入先として、「ヤミ金融等非正規の業者」(5%)も少なからず回答があり、
更なる多重債務者やヤミ金融被害者が、とても深刻な問題ですよね・・・。

Photo
<出典:(株)NTTデータ経営研究所>

住宅ローンの返済に困ったからと言って、消費者金融や、
ましてやヤミ金にまで手を出すと、必ず!破綻に追い込まれます!

ヤミ金なんて、10日で1割のトイチと仮定した場合、
100万円を借りた場合、1年後には3091万円に膨れ上がります。
よっぽど年収が高くなければ返せる金利ではありませんよね!

危険だと知ってはいるものの、住宅を失いたくない一心で借入してしまう。。。
このような悲しいケースもあるでしょうし、
また、ヤミ金だと知らないで借入してしまうこともあるかもしれません。

金融庁にも、「違法な金融業者にご注意!」ということで、
http://www.fsa.go.jp/ordinary/chuui/index.html

・登録業者か確認すること!と注意していますので、
怪しいな・・・ということでしたら、ぜひ一度確認してください。

ただ、、、一時的な借入で、返済見込みがある場合でしたら、よいのですが、
今後の見通しが立たない・・・。収入増の見込みがない・・・。場合には、
絶対に、借入しないで、ご相談下さいませ。

お待ちしております。。。confident

離婚と住宅ローン~その1~

こんにちは。ライビックス住販スタッフKです。
ここ最近、毎日晴天が続き、気持よくお洗濯ができますね^^
明日は家族でサイクリングの予定。
子供の元気には付き合いきれないので、運動の秋もほどほどにしたいところです。^^;

さて。住宅新報Webでこんなニュースを見つけました。
「結婚機に新居購入は4割強」
http://www.jutaku-s.com/jutaku_shimpo/news.php?id=JNM017620

これは、1都3県在住の20~40代の新婚サラリーマン男性600人を対象に行ったアンケートの結果なのですが、
先般、結婚から5年以内に離婚した人の割合は、40%を超える・・・!というブログを書いたので、
そのデータを元に推測すると、
600名中→240名は結婚を機に住居を購入し、
→もしかしたら、その内、40%(約100名)は、5年以内に、
住宅ローンを残したまま、、、離婚をするかもしれません。。。よね?
(あくまでも推測です^^;)

離婚時にマイホームをどうするか?はとても重要な問題です。
今までにも、ちょこちょことこの問題について考えてみましたが、
ちょっとシリーズ化して、不定期にブログに書いていきたいと思います。

一般的には、住宅ローンを借りている状態のマイホームは、
当事者間だけの意思で、その分与方法を勝手に決められない・・・と言われています。

よくある例として、
「離婚によって、夫が出て行き、妻(と子供)がそのまま住み続ける」
という場合、民法では、抵当権者に承諾を得ることなく所有権を移転ができるとされていますので、
抵当権が設定されたままでも、離婚に伴い、
所有権を財産分与によって移転することには何ら問題がありません。

ただ、、やっかいなのは、
住宅ローンを借りる際に銀行と契約する「金銭消費貸借契約」に、
『所有権の移転等を行う際には事前に通知し承諾を得ること』といった条項を設けている場合には、
離婚によって不動産の所有名義を変える場合には、銀行に承諾を得る必要があるのです。。。

(ちなみに、我が家の契約書には、そのような条項はありませんでしたが。。。^^;)
もちろん、そのような条項を契約時に説明されることの方が「まれ」だと思いますので、
契約書にそのような条項があったとしても、知らない方の方が多いでしょうね。

では。その条項通り、所有権の移転の件を銀行に相談!したら、
銀行はどのような対応をすると思われますか??

離婚によって、債権者と債務者の関係が変わるわけではないのですので、
名義を変更することによって、多少なりとも、返済が滞ることが懸念されるのであれば、
(例えば、よくある例のように、住宅ローンを払う人<夫>と、
その所有者<妻と子供>が別々になってしまうと、
住宅ローンを払う側が、「どうせ自分の不動産ではないので、
ローンの支払いを滞らせてもいいや」と考え、
住宅ローン破綻になってしまうかもしれないという懸念)
基本的には、所有者名義の変更に、銀行は間単には応じてくれません。

幸か不幸か?現実には、銀行に名義変更の承諾を得ることが必要と知らない場合が多いので、
銀行での名義変更のトラブルになる例は少ないとは思いますし、
離婚の事実を銀行には伝えずに、所有権の移転登記をしてしまっても、
住宅ローンがきちんと支払われている限りは、
銀行にばれてしまい、問題になるということは、ほとんどないでしょう。

でも、住宅ローンの支払いを滞納しそうになったら・・・っ!

銀行へ相談する前に、私どもへご相談下さい!!

状況に合わせて、最適なアドバイスをすることができます。
いつでもお待ちしておりますconfident

変動金利か?固定金利か?(スタッフKの場合)

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。
昨日、婦人科系のガン検診に行ってきましたぁ~。
いろいろ引っ張られたり、、、あまり進んでやりたくない診察ですし、
普通の健康診断だって、あまり好き?ではないですが、
友人に言われたように「自分のためは家族のため」なので、
子どもが成人するまでは、健康には十分気をつけようと思います。
皆様も、多忙な毎日かと思いますが、お体は、ご自愛くださいませconfident

さて。過去に、このブログでも書かせていただきましたが、
我が家の住宅ローンの3年固定金利の期限が11月で終了するので、
12月以降、どうしようというところなのですが、
以前は、東京スター銀行さんの金利0キャンペーンを機に
借り換えを企んだのすが、諸事情により書類が間に合わずcoldsweats01
さて。どうしたものかと。
3年固定金利の最終支払は、11月26日で、
12月以降の支払いの金利は、11月1日付の金利で決定するのですね。
で、お世話になっている某地方銀行さんの金利はというと、

3年固定 3.05% 
5年固定 3.40%
変動金利 2.475%

でした。ちなみに、懲りずに、東京スター銀行さんが、
現在、借り換えだと、-1.2%になるキャンペーンをしていて、
(下記の金利 →が-1.2%適用金利)

固定金利型(3年) 3.150 % →1.950 %
固定金利型(5年) 3.300 %→ 2.100 %
変動金利型 2.550 % →1.350 %
固定金利型(10年) 3.600 % →2.400 %

なので、借り換えのシュミレーションをお願いしたところ、
借り換えの手数料や、登記費用等もかかるので、
変動金利を選択しても、20万程度、
固定を選んだら3万程度しか安くならないとのことでした。

よく借り換えで得になる可能性が高い、
1.残債が1000万円以上
2.支払期間の残りが10年以上
3.金利が-1.0%

という条件の1.2が我が家では該当していないので、
やっぱりあまり得でもないようです。

うーん。
変動金利は、今が底値ですし、今後は上がる一方だと思うので、
このような職業柄、やはり、変動金利というリスクは避けたいなぁ。と思っています。

まぁ。今までの3年固定が3.15%だったので、
とりあえず、同じ銀行に3年固定でお願いしても
3.05%と下がったので、良しとしましょうかねぇcatface
(書類の手続きも面倒ですし・・・coldsweats01

住宅ローンってホント。悩ましいですね。。。


人生のゴールって・・・

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。
本日の横浜地方は、晴天!日焼けを心配しちゃうくらいです。
夏にたっぷり陽を浴びたら、紅葉が鮮やかなのですが、
どうもカエデは、強烈すぎる日差しだと日焼けするようで
あまり鮮やかな紅葉は期待できないとのことと。。。^^;
今年の夏は暑すぎたので心配なところです。

さて。こんなタイトルの記事を見つけました
---
マイホーム買った人「もうお荷物以外の何物でもありません…」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20101104-00000003-pseven-soci

記事を読むと、
・1988年に約3000万円で2LDKマンションを購入。
・金利が段階的に上がる35年ローンを金融公庫で組んだ。
・長引く不況のあおりでメーカーの営業部員としてバリバリ働いていた夫がリストラにあった。
・夫はうつ状態になってしまい、この10年間仕事についていない。
・妻が働いて月20万円の給料で家族を養っている。
・ローンは夫の両親の年金を一部もらって返済している。

と・・・これ・・・めずらしくないんです。
弊社にも同じようなご相談が多いです。。。

「新築庭付き一戸建て」を購入!が人生の幸せのゴールではないんですよね。。。

余談ですが・・・
先日、娘が、人生銀行という貯金箱をを戴き、
この貯金箱っていうのが貯まる金額によって
例えば大学生→就活→新入社員→昇進というように、
人生を歩んでいくのですが、
目標金額を貯めて、ゴールの時の人生のイベントは、
なんと、「マイホームを手に入れた♪」でした。

なんとも現実離れしたゴール設定に、思わず苦笑いしてしまいましたが。

残念ながら、「お荷物になってしまったマイホーム」・・・
いつでもご相談承ります。。。

マイホーム購入後の早期離婚

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。
本日の横浜地方は一段と冷え込みますね。
昨日も、最高気温20℃未満だった割には、天気もよく暖かかったので、
今日も、天気予報が外れることを期待してたのに・・・weep
朝晩にはしっかり防寒対策しましょう!

さて。弊社では、離婚に伴なう住宅の相談を少なからず承ります。

離婚については、過去のブログで3人に1人は離婚する・・・というニュースのことも書きましたが、
今回は、離婚の時期について。
結婚を機に、マイホームを購入したり、
結婚からしばらくしてマイホームを購入する人はたくさんいますが、
同じように結婚後、「数年」で離婚する人もたくさんいます。

厚生労働相が調査したデータは下記の通りです。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/0112/s1214-4b19.html
このデータでわかる通り、(平成22年度はわからないのですが)
結婚から5年以内に離婚した人の割合は、40%を超えますwobbly

結婚時にマイホームを購入後、早期離婚危機!を迎えてしまっているご夫婦には、
住宅ローンがたっぷりと残っているわけで、
「マイホームがあるから離婚できない・・・」って考えることもあるかと思います。

もちろん、そのような状況で、離婚できずに、
ご夫婦の関係が修復できるのであれば良いのですが、
関係が修復できない場合には・・・

ぜひ、弊社にご相談くださいませ。
数多くの事例をもとに最適のアドバイスをすることができます。
http://www.ninbaisuishin.com/sale.php?id=24
ご連絡お待ちしておりますconfident


« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

youtube動画

  • youtube動画
    ◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


    ◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材


リンク集

最近のトラックバック