弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出しました!

  • 『自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本 [単行本]』 ご購入はこちらから↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 住宅ローン債権者からお客様を紹介していただくということ | トップページ | 賃貸?購入? »

親子間売買について考える

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。
横浜地方は、曇り空で、パッとしない天気ですが、
涼しく過ごしやすいです。「時々雨」の予報ですので、
傘を準備して外出したいですね。。。
保育園のお迎え時に雨が降らないように祈りつつ・・・^^;

本日は、親子間売買について考えます。

弊社のスタンスは、
「今の住宅を残せないか一緒に考えましょう!」ですので、
一つの有効な方法として、
「親子間」「身内間」の売買をご紹介することがあります。
ご相談者からも、
「子供に買い取ってもらって、そのまま住み続けたい・・・」
というご希望をよく聞きます。

親子間売買では、買手である息子(娘)様の不動産購入者
としての属性(条件)が重要な問題となります。

融資が難しいと思われる属性(条件)として、、、

・親が経営する会社に勤めている。
とういうことが上げられます。

何故かというと、親が経営者だと、会社そのものが問題有るのでは?
と金融機関が会社の業績を判断基準にしますので、
その会社に勤務される息子(娘)様は、果たしてこれから
長期間ローンを返すことができるのか?
(倒産によって滞ることがあるのでは?)
という懸念から、親との同一会社では、
そもそも融資審査の"まな板"に載らないことがほとんどです。

その他、子供が、多数の借入があると、
住宅ローンの融資を受けることが難しくなります。

逆に、あるサイトで説明していたのですが、

a.. 買主(息子、娘)の属性(年収、勤務先、借入状況)が良いこと。
b.. 売主(親)と買主(息子、娘)が同一勤務先でないこと。
c.. 売主(親)の借入状況が明確であること。
d.. 買主(息子、娘)に自己資金が多少でもあること。
e.. 不動産の担保評価があること。

上記の条件があれば、親子間売買は十分可能と言えるでしょう。

住宅ローンの返済が困難・・・でも、住み続けたい!
このようなご要望にできるだけ最善の方法を見つけられるよう
弊社は、鋭意努力しておりますので、
ぜひご相談くださいませconfident

« 住宅ローン債権者からお客様を紹介していただくということ | トップページ | 賃貸?購入? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

親子間売買って、なかなか難しいと思ってました。
少しでも希望があるなら、検討、相談させていただくのも、前向きな考えなのかもしれないですね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 住宅ローン債権者からお客様を紹介していただくということ | トップページ | 賃貸?購入? »

youtube動画

  • youtube動画
    ◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


    ◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材


リンク集

最近のトラックバック