弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出しました!

  • 『自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本 [単行本]』 ご購入はこちらから↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 住宅ローン破綻ラッシュ危機・・・ | トップページ | 親子間売買について考える »

住宅ローン債権者からお客様を紹介していただくということ

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。
今日も蒸し暑いですが、天気予報では、暑さも今日で終わり!とのこと^^
明日からの秋の訪れを期待しちゃいますね!

私どもへご相談いただくお客様は、
債権者が、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の場合が多いです。
弊社のHPでも、
「住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の任意売却」
http://www.ninbaisuishin.com/sale.php?id=15
をご説明しておりますが、住宅金融支援機構は、
住宅ローンの返済が困難になった方の救済に力を入れていて、
どうしても、返済不能な方には、「任意売却」を奨励しています。
改めて、住宅金融支援機構のHPを確認してみると、、、
「融資住宅等の任意売却」というページがあります。
http://www.jhf.go.jp/customer/hensai/baikyaku.html
このページでは、任意売却の効果として、
メリット1
一般に、不動産競売に比べて高額で売却することができ、
売却後の残債務の負担を軽減することができます。
メリット2
任意売却後に債務が残る場合は、
お客様の収入状況や生活状況を十分勘案の上、返済計画等を検討します。
と書かれていて、私どもがご相談の際、残債務に関しては、
柔軟に対応していただけますよ。ということの裏付けが確認できるかと思います。

そして、本日の本題ですが、、、
先に紹介した住宅金融支援機構の
「融資住宅等の任意売却」に、仲介業者の選定方法として、
お客様に2方式を紹介しています。
1.お客様自ら選定

2.機構からの紹介を受けることによる選定

弊社は、お客様自身が、弊社を選定し、相談いただくことが多いのですが、

2.機構からの紹介
をいただくこともあります。

任意売却とは、債権者側が納得した結果にならないと成立しません。
基本的には、お客様(債務者)側に立って進める任意売却ですが、
同時に債権者の立場も考慮して、交渉をしていった結果、
円滑に任意売却をしているという実績が認められ、
住宅金融支援機構(正確には、委託されたサービサー)から、
お客様を紹介されるんだろうな。。。と自負しております。

ぜひ、信頼して、相談していただければと思いますconfident
年中無休でご連絡お待ちしております!


« 住宅ローン破綻ラッシュ危機・・・ | トップページ | 親子間売買について考える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

住宅金融支援機構から紹介があるってすごいですね!!

債務者、債権者双方納得できるってすごいことですものねhappy01

実績があるから紹介されるんでしょうね。
年中無休っていうのも、うれしいですね。
いつでも駆け込めるっていう・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 住宅ローン破綻ラッシュ危機・・・ | トップページ | 親子間売買について考える »

youtube動画

  • youtube動画
    ◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


    ◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材


リンク集

最近のトラックバック