弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出しました!

  • 『自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本 [単行本]』 ご購入はこちらから↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 全国からの住宅ローン相談について思うこと | トップページ | 日本は賃貸派? »

専任媒介契約について

こんにちは。任意売却推進センタースタッフKです。
娘の小学校も本日から、夏休み明け始業し、
「夏」の終わりを期待したいところですが、
ただ夏限定商品の購入も急がなければ・・・と少し焦り気味。
(・・・例えば、横浜駅近くのたい焼き屋の
「アイスたい焼き」とか^^;)
でも、夏限定商品って期待ハズレなこともあるので悩むところ。
(例えば、先日食べたアイスベーグルは、もうリピートしません^^;)

本日は、弊社によせられた質問ではないのですが、
「任意売却する際には、不動産会社と専任媒介契約を
締結しなければならないのか?」という点について。
(基本的な内容にはなりますが。。。^^;)

任意売却とは、ご自宅なり不動産を売却することですので、
不動産会社に売却を依頼すると
「私の不動産の売却をあなたの会社に依頼します」という媒介契約を結びます。
これには一般媒介と専任媒介があります。
専任媒介には専属専任媒介契約もあります。つまり3つの媒介契約があります。

1一般媒介・・・複数の不動産会社にも売却依頼できます。
2専任媒介・・・1社しか売却依頼できません。
3専属専任媒介・・・専任媒介よりも売り主が厳しく、
直接買主を見つけても仲介手数料を払います。

任意売却する上で、多くの債権者である住宅金融支援機構は、
媒介契約は、専任媒介契約か、3専属専任媒介を指定します。

なぜかというと、一般媒介契約で、お客様が、複数の不動産会社に売却を依頼しても、
債権者は「複数の不動産会社」と任意売却の交渉することが不可能だからです。

売主様が不動産会社と売出価格を決める一般の売却とは異なり、
任意売却の場合は、「債権者が売り出し価格を決定し」
「その売出価格で販売する不動産会社」との交渉は、
任意売却の手続きをスムーズにするためにも、1社でなければなりません。

一見、売主様から見れば、複数の不動産会社に依頼できる、
「一般媒介」が販売には有利に見えますが、
一般媒介契約をする不動産会社は、他の業者がその物件を契約したらお金にならないため、
そんな危険性のある契約には販売費は使いませんので、確実に売却することが難しくなります。

販売費を使い、営業努力をし、確実に売却することために、
「専任媒介契約」をすることが、
債権者、売主様にとっても好ましい契約と考えられます。

専任媒介契約・・・って不動産会社1社に、
不動産の売却の運命を握られているようで、
不安になることもあるかとは思いますし、
実際、相談されるお客様の中でも、
「他の不動産会社と専任媒介契約をしてたけど、なかなか売れない・・・」
といったご相談をいただくこともあります。

もしも、今、不安な方は、専任媒介契約は解約することもできますので、
ぜひご相談くださいませ。
詳しくは、弊社HP「専任媒介契約を解除するには?」をご参照下さいませ。
http://www.ninbaisuishin.com/kokodake.php?id=19

« 全国からの住宅ローン相談について思うこと | トップページ | 日本は賃貸派? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

専任媒介契約って、難しい言葉だけど、1社にしか仲介を頼まないことなんですね。
確かに一般媒介というのだと、いくつも依頼していても、どの会社でもあまり真剣にしてくれなそうな木がする。
それより一社で責任持って売却して欲しいなぁ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 全国からの住宅ローン相談について思うこと | トップページ | 日本は賃貸派? »

youtube動画

  • youtube動画
    ◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


    ◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材


リンク集

最近のトラックバック