弊社代表、木原洋一が任意売却の本を出しました!

  • 『自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本 [単行本]』 ご購入はこちらから↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« マイホーム? | トップページ | 住宅ローンサポートの例ですが »

競売より任意売却!

弊社では、毎日のように、
「住宅ローンを滞納している・・・」
「競売の申立の通知が届いた・・・」
といった相談を承っています。
これは、単純には、住宅ローン返済が困難になり、
競売への手続きが進んでいる件数が
多くなってきているということもありますが、
競売より任意売却!の認識が広まってきているとも考えられます。

本年度3月時点でのデータですが、
2009年上期における東京地裁の競売開札件数は、
前期比22.2%増の2795件。

このうち、競売を取り下げたのは全体の18.3%と
前期の割合(11.0%)から大幅に上昇しています。

記事によると、名古屋や、埼玉でも同様の動きがあり、
任意売却業者が、債務者に対して、競売取り下げを
積極的に提案している様子が伺えるとのこと。

しかし、任意売却の言葉すら知らない人は、
まーだまだたくさんいます!
(私もつい最近までそうでした)

東京地裁だけでも半期に約2284件は、
競売されていいます。。。

任意売却の制度を知っていて、
早めに行動を起こしていれば・・・
競売という結果にならなかったかもしれませんweep

任意売却という制度を広く認知していただけるよう、
日々努力していきたいです。

« マイホーム? | トップページ | 住宅ローンサポートの例ですが »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

銀行は任意売却のほうがいいのに何で競売にするんですか?
はじめから競売にしないで債務者に任意売却させれば競売する必要ないのに。なぜ?

マックスさん

コメントありがとうございます。

銀行等の債権者側は、競売処分するよりもより多くの資金を回収できるというメリットがありますので、競売よりも任意売却を好みます。
しかし、何故、債権者側が任意売却を勧めないのか?
債権者にとって一番嬉しい状況は「担保をとったまま、債務者がローンを支払い続ける事」であり、
任意売却では、担保が消えてしまうので、「表面上」、「任意売却」を積極的に勧めることはしません。
また、競売までの流れですが、
住宅ローンを3ヶ月から6ヶ月程度滞納すると、
期限の利益の喪失となり、
住宅ローンの残金を一括返済を求められ、
支払いが不可能と判断された場合、
債権者は債権の回収をするために、
債務者が土地や建物に設定された抵当権を実行するという「競売」を「事務的」に行います。
この時点で、債権者側から、「競売では、金額が低くなるので、任意売却をしてください。」と
提案するのですが債務者が無視したり逃げ回って応じなかったりと、中には逆切れして話し合いにならない場合もあります。
こうなると債権者もやりようが無いので仕方なく裁判所に競売費用を積んで競売にかけるのです。
また、多くの場合、債務者に連絡が取れなければ事務的に一方的に事が進んで行きますので、
任意売却の話しをする機会がないということも言えるでしょう。
債権者が債務者に任意売却を勧め、任意売却業者を指定することもあるようですが、
債権者にとって都合の良い業者ですので、注意が必要です。
債権者が任意売却を勧めてきたら、
債権者主導で任意売却を進めるため、
任意売却後に、残債務に対して公正証書を作成し、
債権者の支払い不能になった場合、
公正証書で強制執行というシナリオを考えている場合があるからです。

そういうことだったのですね。よくわかりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マイホーム? | トップページ | 住宅ローンサポートの例ですが »

youtube動画

  • youtube動画
    ◆住宅ローン破綻したら、どうなるの?


    ◆千葉テレビ・神奈川テレビ・テレビ埼玉で紹介されました。テレビ取材


リンク集

最近のトラックバック